チャイルドセラピスト講座は、胎児から大人までの子供ごころを癒し、明るい未来を築く成熟した大人へと成長する子育て、幸せな家庭のつくり方を学びます。

FAQ

よくあるご質問

Q: 現在独身で子供がいないのですが、学べますか?

A: すべての人の心の中に、内なる子供心が存在しています。その“子供心”が時に悪さをしてきます。講座の中では、子供心について深く学んでいきますので、どう向き合えばいいか、寄り添えばいいのかがわかります。学んだことは、一生の財産となります。いつか恋愛・結婚し、子供が生まれた時に、あ~学んでよかった!と心から思いますよ。家庭を築いていく深い意味がわかり、人生の目的に向かって歩んでいけることでしょう。


Q: 子供との関係もそうですが、夫や母との関係も改善したいと思っているのですが。

A: 問題が起きている根っこを見ていきますので、ご安心ください。講座が進むごとに、自分の心が、家族が、だんだん変わっていくのを感じることでしょう。家庭は学校です。その学校での課題をどう解いたらいいのかを教える学校が、チャイルドセラピスト講座です。

Q: 子供はもう大きくなり巣立っているのですが、孫に役立てればと思って。

A: お孫さんがいらっしゃる方にも大変役立つ内容となっています。お孫さんが生まれてから、あたらめてお子さん夫婦と接することで、あなた自身の過去の子育ての罪悪感なども出てきます。それが、お子さん夫婦との関係を悪くしてしまったり、お互い勘違いで、誤解しあったままだったりします。ご自身の感情も癒されていきますので、新しい自分の人生を見つめる大きなきっかけとなりますよ。どうぞいらしてください。

Q: 託児に預けるのがかわいそうで、なかなかふんぎりがつきません。

A: かわいい盛りのこの子育ての時期、お母さんたちは幼い頃から抑圧してきた感情が一番表出する時期でもあり、子供の満面の笑顔、表情を、しっかり見ることができません。あの時もっとこうしてあげたかった、もっと早く学びたかった、という声をいつもよく聞きます。子供はあっという間に育っていき、いつか巣立っていきます。巣立った後に後悔するより、今から自分のこと、自分の人生を真剣に見つめることはとても大切なことです。子育ては、お母さんひとりでしなくても大丈夫! たくさんの人に支えられながら、甘え上手になっていきましょう。子供の自立についても学んでいきますので、必ず将来大きく役に立ちます。子供と一生いい関係でいられるように、その関係が次世代に連鎖していく、そんな宝物を残せるのです。託児に預ける時、泣いて離れるのを嫌がりますが大丈夫です。その接し方もお伝えしています。ちゃんと自立してたくましく育っていきますのでご安心ください。

Q: これを学んで仕事にできますか?

A: できます。けれど、学んだことをどれだけ日常生活の中で生かしているか、自分と、家族と向き合っているか、自分と家族を思いやり大切にできているかが、一番大切なことなのです。修了してからが本番!スタートだよ!と、受講生さんにはいつも言っています。修了してから、イベントの企画や広報・集客、などをご自身で体験し、コツコツ実践し積み上げていくことで、だんだん自信がつき、本当の仕事として活躍できるようになっていきます。現在活動している修了生さんたちは、それぞれの持ち味を生かし、それぞれの場所で学んだことを活かしながら仕事をしています。保育士、看護師、教員、主婦をしながらチャイルドセラピストなど、皆、家庭と仕事のバランスを取りながら、自分と向き合い時にぶつかりながら、日々成長しています。家庭は土台です。自分の家庭をおろそかにして、いい仕事、特にこのような仕事はできません。 家庭を築いていくということはチャレンジだらけ。けれど乗り越えた後には大きな喜びと達成感があります。チャイルドセラピストの仕事は、出会う親子関係において、トラブル・試練を喜びに変容させるサポート、本当に素晴らしい仕事です。ぜひ引き続きプロフェッショナル・コースでより深く学び、たくさんの家庭にやすらぎと平安安心の風を、送り届けていただきたいと思います。

 

受講生の感想

aいつも夫から責められるのがイヤでしたが、講座の中で「投影について」学び理由がわかりました。私は潜在的に、自分で自分を責めていたんですね。夫は決して私を否定しているわけではないんだということがわかり、家族がとても穏やかになりました。

a子供に泣かれるとずっとつらかったのですが、私が小さい頃、泣いてはいけない、泣くのは弱い子、と思い込んでいたんだとわかりました。それからは、泣くと泣き切るまでそっと寄り添ってあげられるようになり、私が夫とケンカして泣いていたら、子供が背中をなぜてくれて、「いっぱい泣いていいからね~」と言ってくれました。すっごく嬉しかったです。癒されました。

a宿題やかたづけしないことですぐ怒っていましたが、私の領域、子供の領域があるんだとわかり、そのことを通して自分と向き合うことができました。不必要に子供にガミガミ言う回数が減りました(たぶん?) 「何回言ったらわかるの?」「いっつも何々なんだから!」を禁句に!という授業で、私は私の本当の気持ちを全然子供に伝えていなかったんだな~と気づきました。真のコミュニケーションって、どこからも学んでいなかったので、目からウロコです。家族が本当に変わりました。

a子育てにおける深い罪悪感が壁となり、子供と繋がってなかったと気づきました。罪悪感から甘やかしてしまっていた、ということにも気づきました。時に「叱る」ということは、とっても大事なことで、怒りをぶつけるのと混同していました。これでは子供は反抗するはずです。だってあまりにも理不尽でしたから。早くに気づいてよかったです。

a今でもこれをしたら母からなんて言われるんだろう、と思っていたところがありました。私のインナーチャイルドを見ていくと、その理由がわかり、溶かすことができました。実家に行くたびイヤな思いをしてきましたが、今回は全然なかったです。母はいつも私のことを思って言ってくれてたんだと、気づけるようになりました。勘違いだらけだったんですね。

aバーストラウマが人生に様々なパターンとなり現れているという講義を聞いた時、胸が苦しくなりましたが、私が今まで漠然と不安を感じていたのは、ここが原因だったんだと、はっきり腑に落ちました。赤ちゃんの自分にイメージで教えてあげると、だんだん不安になる回数が減りました。子供にも今から癒してあげられると知り、私と同じ思いをさせなくてすむんだと思うと、嬉しくて涙が出てきました。安心して仕事に復帰できます。

a夫が子供をどなりつけたり、すぐ怒ったりするのは彼のインナーチャイルドで、何度も繰り返しそれを目にするのは、私の中で「怖い」という感情が封印されていたんだとわかりました。「怖い」という感情は盲点で感じにくいという話を聞き、私の中でまだまだ出てきませんが、向き合い方がわかったので、自分のペースでやっていこうと思います。何かあればすぐ聞ける人がいるのでとても安心です。ありがとうございました。

a今まで母や父を変えよう変えようとしてきましたがやめました。コントロールできないことにエネルギーを注いでも変わらない、と学んだので、コントロールできることにエネルギーを注ぐことにします。私の領域にいてできること、私の領域にいない時にストレスを感じるということ、私が気づいて私が変わればいいんだとわかったので、とてもラクです。自分の人生の舵をとっていきます!

a子供の成長過程において、適格なアドバイスができるということを学んだので、これからずっとこのツールを使っていけると思うと嬉しいです。私も幸せな家族を築いていきます。