チャイルドセラピスト通信講座4回目レポート

1.気持ちは何層にもなっている、ということが理解できたか、感想と体験

理由がはっきりしないがモヤモヤしていて、
自分の感情に寄り添うということには目をむけても
自分の気持ちはよくわかっていないと改めて実感しました。
今まで人の意見に合わせてきたことが自分の気持ちから逃げていたんだと思います。
よく、主人や友人等に対して何故かイライラしていたのですが、
自分が「何に怒っているのか?」はっきりよくわからないことがよくありました。
今回の小さい頃から抑圧していた感情や日々の抑圧が
何層にもなっているんだなと今回の講座で納得できました。

2.家族友人と「時間を分け合って気持ちを聞く方法」実践した感想

私は、元々聞いている途中でモヤモヤが我慢できず、口を挟んでしまって、
会話が途中で途切れることが本当に多かったのですが、
今回じっとお話を聞くことで、逆に冷静に最後まで聞くことができました。
自分が話すときも、「私はこうしてほしい」ということで、
相手も「そうだったんだね」という言葉が返ってきて、スムーズに話ができました。
きちんと自分の気持ちを話しているつもりでも、伝わっていなかったんだなと痛感しました。
そして最後にどうしたいのか?という話までもってくることができ、
気持ち的にとても満足感が得られました。

3.あなたの中にいる、今認識できる悪魔的インナーチャイルドを具体的に。
向き合うにはどうすればよいか?

悪魔的インナーチャイルド、心苦しいですが今の自分は
これがもっとも邪魔しているように思えます。
中でも「自分が正しい」「自分が一番」とすごく思っていて、
実母、姑、友人など普通にお話していても、軽く「こうすればいいのに。。。」とか言われると、
すぐ「わかってる!」「ほっといて!」と思ってしまいます。
特に子育て関係や、家事のことを言われるといらいらします。
自分がなぜここまで拒んでしまうのか不思議です。素直に聞き入れることができません。
向き合い方は、自分が知らなかったことや間違っていたことは素直に認めること。
否定されたように思ってもその気持ちを感じて味わうようにすること・・・。と
なんとなくわかった今でも苦しくて認めることがつらいです。
言った人たちをつい避けたくなります。

4.妻の妊娠中、浮気をしたされた、夫と妻のインナーチャイルドの感想
自分にも思い当たるところ。

今回の例、とてもわかりやすかったです。
浮気する人されるひとの根っこには、
やっぱり「かまってほしい」とか「寂しい」とか・・・だったんですね。
私の場合、主人は3 兄弟の真ん中で、私は2兄弟の長女で
やはり私が妊娠中に主人が急に仕事や出張で家にいる時間が少なくなり、
寂しいおもいをしました。甘えられないと思っていたし
過去の自分と照らし合わせて同じ心境だと思います。
仕事の都合とはいえインナーチャイルド、バーストラウマなどがそういう状況を
見事に作りだしていることに非常に驚かされました。

5.子育てのメリハリについてなぜ100%集中することが大切なのか?

相手の心に集中して愛情を満たしてあげると、気持ちが満足して、
離れても愛を感じていられるようになる。
朝、子供が幼稚園いくのを嫌がるときは、一緒にいる時間を増やしてお話したり、
歌ったりすると幼稚園に楽しく向かうことができました。

6.あなたなりの家族に対する褒め方は?実践してどうだったか?

主人、子供どちらに対してもちょっと大げさ気味に褒めることが多いです。
今回「あなたがいてくれて・・・」を追加してみたことで、
今まで軽く褒めていたのが、少し照れも入っていることもあると思いますが、
気持ちがさらに伝わって届いたと思います。

7.あななたなりの、家族に対する「大好き」な気持ちの伝え方は」実践してどうだったか?

大好きな気持ちは、言葉だけだとうそっぽくなってしまいそうな気がして、
スキンシップをとりながら言うことが多いです。
照れくさい気持ちがあるからかもしれませんが、自分に対しても大事に思っている気持ちを
伝えていきたいと思います。

8.「叱り方、注意のしかた」で気をつけなければいけないことは何か?

人格を全否定する叱り方ではなく、間違ってるその行為についてしかることが大切。

9.全体を通しての感想

今回の最初の「真のコミュニケーション」ですが、
今の私にこのコミュニケーションがとても必要な時で、
目に見えない気持ちのコントロールにすごく苦しみ、
体調を崩し、頭も体もガチガチになっているところでしたので、
このコミュニケーション術で相手がある場合、
無い場合も1つずつ自分の気持ちを聞いていくことが大事なんだなとわかりました。
自分の気持ちがどう思っているのかわからないことにもすごく愕然としました。
人に合わせてばかりの自分にさよならして
きちんと自分の考えで生きていきたいなぁと思いました。
真美先生のおっしゃる「たった一人から始まる」
そして共鳴が体感できるときがくるようがんばりたいと思います。
インナーチャイルドについても、「かまって」ばかりではなく
悪魔的インナーチャイルドのほうが私には大きく感じ今の一番の課題でもあると思いました。
自分が嫌になるくらい、人からのアドバイスが素直に聞けないのでとても私には苦しいですが、
まずは、「自分が正しい」とか「一番」と思ってる自分を
自覚することからコツコツとはじめたいと思います。
子育てのメリハリのお話では、子供に100%意識を集中することで、
子供もすごく変わってくれたと思います。夕飯の支度もずいぶん楽になりました。
褒め方も変えたことで喜びが一層増し、
意欲もアップして何も言わなくてもお手伝いしてくれることもあります。
4歳の子供がここまで変わってくれて、
「真のコミュニケーション」をやっているときも経過をさりげなく見守り、
解決したときには、それを察して一緒に喜んでくれて、
家族はやっぱり素晴らしいなと思うことができた講座でした。
苦しいこともあるけど幸せだなと感じることができてとてもよかったです。
ありがとうございました。