「おっぱい」に関してのテーマは本当に深いです。
講座の受講生さんから毎月1回、相談メールを受け付けています。

その中で、特に皆さんの参考になるケースを
ご本人の同意を得て、以下、掲載させていただきます。

年子のまだ小さなお子さん二人の子育て奮闘中で
ご主人も・・・なので
時にまいってしまいますよね。よくわかります。

自分の気持ちを正直に言う練習をし
それを実践してこんなふうに
子供たちとの関係をつくることができました。

——ここからです

Aさん 30代

何度かメールでも相談させていただいていますが、
「おっぱい」は大きなテーマです。

子供たちがおっぱいを取り合っているときに、
主人が「俺のおっぱいだ!」「おっぱいは俺のものだ!」発言をします。
私は、はじめは私を守ってくれる一言のように感じていたのですが、
だんだんと腹立たしくなっていき、
(というのも、主人はそうは言うものの子供たちに対して何もしないので)
子供たちもより激しくおっぱいを取り合いますし、もう癖癖し、
苦痛でしかありませんでした。

私は、「私」自身がないがしろにされていると感じ、
「私の感情はここにあるのに、私がないがしろにされている」
「おっぱい=もの、だったら誰のおっぱいでもいいんじゃない!」
そして、過去にいやなことをされたことまで蘇り、
なんだか今振り返ると頭の中が狂ってしまっていたようにすら感じます。
追い込み過ぎて(笑)同一化のレポートを書いていたときに、

「おっぱいはおっぱい、私の感情は感情!」
「おっぱいは私のもの!私に主権あり!」
「俺のおっぱい発言は注意していいんだ!」と自分の中で練習してみたのですが、
うまく行かず・・・

そこで、真美先生からのメールでハッしました。
「自分の気持ちを無視していじめてきたんだね・・・(真美先生)」
「ん?私は、本当はどうだから嫌だと感じていたの?」
「まずは、息子たちに伝えよう」と思いました。

昨晩のことですが、いつものように夜電気を消すと
子供たちがおっぱいに乗っかってきました。

私は歯をくいしばり、体も緊張し、
わなわなとする気持ちを押し殺していることに気づきました。
「(あ、今だ。私はどう思っている?息子たちに伝えよう)」

「Qちゃん、Pくん。ママね、これまでずっとおっぱいをあげてきたけど、
それはあなたたちが大好きだからママもそうしたくてしてきたの。
だけど、こんな風におっぱいおっぱいってされると辛くてね、

ママは最近ずっと我慢してきたんだ。ママは本当はとっても苦しいの。
QちゃんやPくんが、おっぱいじゃなくて、自分の力で寝てもらえたら、
ママとっても助かるな。ママは君たちの隣にいるから安心してね。
一緒に寝るから安心してね。」と。

子供たちはまず「ママは我慢している」というところに反応したようで、
その後、二人とも私から離れ、バッタンバッタンしながら寝ました。
途中、おっぱいを触りに来たり、吸い付こうとしましたが、

「自分の力で寝てみようか」「ママはここにいるから安心してね」と
何度か繰り返したところ、下の子は少し吸い付きましたが、
上の子はそのまま寝てくれました。

私も自分の気持ちを言えたことに心なしかスッキリし、また、
子供たちもママを理解し、納得してくれたようで、
不思議な余韻が残りました。

「真美先生、ありがとう~」と心の中で叫び、涙がつつーっと流れてきました。

きっと子供なので、また欲しがったり繰り返したりすると思いますが、
ママも苦しいときは苦しい、と言い伝え、
まずは私がちゃんと自分の気持ちとつながって、
その上で子供と関わっていこうと思えました。
ありがとうございます。

———ここまでです

以前、こんな相談のメールが来ていましたので
回答しました。

Q:子供の卒乳。生理的に厳しいのでアドバイス、お願いします。

以下、私からのメールです。

A:
子供たちにはこう伝えてください。
「ママの体、さわられるとイヤだな、と感じる時があるの
だからと言って、あなたのことが嫌いなんじゃないんだよ」、とね。

自分の許可なく、心にドカドカと
土足で踏み込まれるように感じるんですね。

Aさんが、Aさんの気持ちや感情を
無視してイジメて責めてきたので
そう感じます。

もっと、自分の気持ちや感情に触れ
「ごめんね、私
今まで無視して、責めて、イジメて、ごめんね
これからは、もっと大切にするからね・・・」と
イメージで自分自身に言ってあげてください。

自分の心に触れてきてないので
人が勝手に触れてきて
やめてー!と生理的に嫌悪感を感じます。

また逆に、触れてほしい!とも強く思っています。
保育器での体験から、そんな渇望が潜在意識にあり
それを読んで、子供たちが、
おっぱいおっぱい、かまってかまってと
しがみついてきます。

全部、自分の内面が投影されているんです。
(ここ、結構ショックです)

投影の観点から
もう一度、すべての人間関係を見つめてみてください。

夫も、過去の恋愛相手も、兄弟も、子供たちも
全部、あなたです。

ここがわかると、本当に、人のことがよく理解できます。
深いレベルで、人に教えることができますよ。
頑張ってね。

——————————

おっぱい・・・

断乳で悩んでいる方
長飲みで時間を拘束されてる方

ご主人が「おっぱい星人」で困っている方(笑)

ちゃんと原因と解決法があります。

少しでも参考になれば、とてもうれしいです。

Aさん、快く掲載をお引き受けくださって、
ありがとうございました。

またその後の報告、お待ちしていますね。