チャイルドセラピスト通信講座8回目 レポート 大阪府在住

1、バーストラウマとは? 人に説明する時に、どのように説明しますか?

出産時(妊娠中、出産、出産後)のトラウマ。
この時、感じてしまった思い違いの感情が、奥深く残り、
大きくなってから、ふたが開いたように出てきてしまう。

2、妊娠中に考えられるバーストラウマには、どのようなものがありますか?
それをどういうやり方で癒していけると思いますか?

お腹の中にいるのは女の子だけど、お父さん、
お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんなどが
「男の子であって欲しい」と望んでしまう。
すると、生まれてきた子は、自分が男でなかったことを「ダメだあ~。」
と思ってしまい、女性性の否定をしてしまう。
しかし、「女性は素晴らしい、価値があるんだよ。」と伝えてあげる。

3、出産後に考えられるバーストラウマには、どのようなものがありますか?
それをどういうやり方で癒していけると思いますか?

出産後すぐに何らかの事情で、母親と離されて過ごし、
赤ちゃんは「お母さんどこ?何故来てくれないのー???」と泣く。
お母さんに見離されたと思い込んでしまう。
しかし、赤ちゃんであっても、ちゃんと離ればなれに
なってしまった事情を話し、お母さんはすぐにでも会いたかったし、
愛していること、生まれてきてくれたことへの
感謝の気持ちを伝えて、愛で満たしてあげることで勘違いを取り除いていく。

4、幼稚園・保育園児が「行きたくない」という理由には、
どのようなものがありますか?どう対応したらいいと思いますか?

妹、弟が生まれ、母と離れたくないと思った時などに
「行きたくない。」と言う。
対応としては、「自分が保育園に行っている間、
下の子といちゃつくのでは・・・」というような
その子の気持ちを汲み取ってあげて、きちんとしっかり抱きしめながら、
「大丈夫だよ。保育園に行ってる間もあなたとママはつながっているんだよ。
○時になったら、迎えに行くからね。」と伝えてあげて、
どこにいても母と子はつながっているという意識を持たせてあげるようにする。

5、友達を叩く、かじる子の心理は?どう対応したらいいと思いますか?

友だちを噛む、叩く子は存在価値を否定してしまっている子が多いので、
自分がやられる前にやってしまう・・
そして、せざるを得ない行動がそこに原因として、表れてしまってるので、
見極めることと存在価値を見出してあげる言葉がけをしていく。

6、「ふん、どうせ!私なんて!」とすねてる子には、
どう対応したらいいと思いますか?

すねてしまう子も自分の存在価値を否定してしまってる子なので、
「ダメじゃないんだよ。」ということを知らせていく。

7、無理難題を言って大人を振り回す子の心理は?
どう対応したらいいと思いますか?

何かしら我慢に我慢を重ねて、母の顔を見たとたんに
安心からくる反発心で、甘えて、わがままになってしまう。
そんな時は、泣かせるだけ泣かせてあげたり、
帰りたくないオーラを出して走りまわっていたら、
追いかけて遊びにつなげたりする。

8、友達からはずされるイジメを引き寄せる子の根本的原因は?
その子にどう対応したらいいですか?

根本的理由→存在価値の否定。自分をせめることからくるもの。
対応→子どもの問題は大人の問題として受け止め、
自分の幼少期はどうだったか、その頃の自分に会いに行き、
ダメなんじゃないことを言ってあげる。
自分を癒すことで、子どもの人間関係もうまくいくことがある。

9、男の子、男性、お父さんを嫌う女の子の根本的原因は? 
どう対応したらいいですか?

根本的理由→母親の感情をうのみにしてしまっているところがある。
対応→そうではなく、母自身の感情だから、
あなたの感情ではないんだよということを知らせてあげる。

10、思春期の子が殻に入った時、
親として大人としてどう対応したらいいと思いますか?

側でそっと見守る。そして、悩んでそうなときには、
「どうしたの?元気ないよ。何かあったの?」と声をかけ、
無理に聞き出そうとはせず、母の同じような出来事を例えにしながら話し、
アドバイスしてあげる。

11、勉強のやる気が起きない子に対する、言葉かけと対応のしかたは?

出来ないことを認め、決して否定しないで話を聞いてあげる。
そして、寄り添い、「○○してみたら、いいと思うよ。」
など手助けとなるような言い方でアドバイスする。

12、上記2~11の内容で、自分にもあてはまり、形を変えて表面化してたり
同じように振る舞っている部分があればひとつひとつ具体的に例を書いてください。
(例:夫が茶碗を洗ってくれてるのに、今度は掃除機も!洗濯も!
こんな形じゃないとイヤ! と無理難題を言っている私、など)

職場で上司に嫌なことを指摘されたりすると
クラスの子ども達にあたってしまうことがある。

13、胎内退行の感想

お腹の中に入ったとたん、母の声は自分にではなく、
外にいる姉たちへの声掛けが多く聞こえて、
とても淋しい気持ちでいっぱいだった。
もっと、自分にも注目してほしいと思った。
生まれてきたとき、自分で自分(赤ちゃん)を抱っこして、
「生まれてきてくれてありがとう。」「もう一人じゃないよ。」
「大丈夫だよ。」と声をかけたら、ちょっと安心した。
次に母に抱っこされたとき、母はすごく笑って、
優しい顔で「ありがとう」って言ってくれた。
嬉しかったし、母の笑顔が何より幸せに感じた。

14、8回目、全体を通しての感想は?

今回は、胎内退行で号泣したけれど、
改めて、自分は「淋しがり屋なんだな・・・。甘えたなんだな・・・。」と思った。
でも、淋しいとき悲しいときいつも側に母や父や姉たち、
飼っていた犬とかが元気をくれてて、自分は一人じゃないって、
勇気づけられていたなと思った。

あとは、保育園での子どもの姿、
現実的な問題点が講義内容に取り上げられていて、
すごく勉強になった。
特に「噛む子」については、
毎年0歳児、1歳児のクラスでは悩みの種で、
この時期特有の行動として取りあげている。
クラス懇談会で、保護者の方に「噛む、叩くという行為は、
まだ言葉が出ず、『やめて』って言えないから噛んだり、
叩いたりしてしまう。」と説明していたが、
それだけが原因ではなくて、根本の理由が何かということを
しっかり見つける、探る、そして、その子と向き合うことが
大切なんだと思った。

存在価値の否定からくるものが原因として多いことも知ったし、
また母子分離の要因も多いので、職場の先生方にぜひこの話をして、
みんなで子ども達のことを考えて、見守っていきたいなと思った。

  
15、この講座を修了し、始めた頃と現在と、
自分自身に、家族に、職場に、どのような変化を実感しますか?

この講義を受けて、自分をコントロールできるようになったと感じています。
イライラや悲しいことなどがあった時、その感情を素直に受け入れてから、
物事を考えられるようになってきたと思います。
まだまだ、未熟 な部分は残っているけれど、
その時その時に立ち向かえられる自分であって、
自立した大人になれるよう修行したいと思います。
周りの人の大きな変化はなかなか見られないけれども、
小さい出来事は何度かありました。
  
この通信講座を受けるにあたり、
どうしても仕事優先で講座は後回しになってしまいがちでしたが、
身につくことや自分と向き合う時間が持てたこと、
家族のこと、周りの人のこと、園の子どもとの接し方、
いろいろなところで活用できることがわかって、
自分に出来ることの幅を広げられたことが一番嬉しいです。

最後に真美先生がおっしゃっていた
「チャイルドセラピストは、子どもを癒すだけでなく、
全ての人の子ども心に寄り添い、
わかってあげるコミュニケーションをとっていく。
自分が自分のチャイルドのセラピストになる。」
というこの言葉を頭において、これからの自分に役立てたいと思います。

心から、ありがとうございました。