8回目最終レポートより

1.バーストラウマとは? 人に説明する時に、どのように説明しますか?

赤ちゃんはお腹にやどった時からお母さんの気持ちや体調などに敏感に影響を受けます。妊娠中の不安や喜び、出産がスムーズだったのか難産だったのか、産後は同室でいつでも赤ちゃんの傍にいられたのか保育器で離れていたのかなど様々な状況で赤ちゃんがこの時期に持ってしまう勘違いのこと。

2.妊娠中に考えられるバーストラウマには、どのようなものがありますか?
 それをどういうやり方で癒していけると思いますか?

○ 望んでいないタイミングでの妊娠
→このタイミングでの出産を望んでいたわけではないけれど、それがあなたを望んでいなかったというわけではないということを伝える。

○切迫早産・切迫流産による入院
→あなたがお腹の中にいるときに色々な事情で入院することになって、あなたが無事に生まれてきてくれるかとても不安に思っていた時があったの。そのことであなたにも不安な思いをさせてしまっていたらごめんね。でも、無事に生まれてきてくれて本当に嬉しいわ。

○性別への強い願望
→確かにままは女の子が欲しいと思っていたけれど、生まれてきたあなたをみて男の子もとってもかわいいと思っているのよ。あなたはあなたのままでいいの。生まれてきてくれてありがとう。

3.出産後に考えられるバーストラウマには、どのようなものがありますか?
それをどういうやり方で癒していけると思いますか?

○母子分離→母子分離になってしまった事情を説明してあなたが嫌いだから一緒にいなかったわけではないんだよ。あなたはわるくないんだよと説明する。

4.幼稚園・保育園児が「行きたくない」という理由には、どのようなものがありますか?
どう対応したらいいと思いますか?

○人前に出るのを嫌がる→嫌な気持ちを尊重してあげ、できたところまでを褒めてあげる。

○お友達に乱暴する→お母さんに愛されてないと思う気持ちが強いと思うので、その気持ちをまず癒してあげる

○幼稚園や保育園に行きたくないという→お母さんと離れたくないという気持ちからきていると思うので、まずその気持ちを癒してあげる。

5.友達を叩く、かじる子の心理は?  どう対応したらいいと思いますか?

○4の『お友達に乱暴をする』と一緒で自分の存在価値を否定していると思うのでそこを癒してあげる

6.「ふん、どうせ!私なんて!」とすねてる子には、どう対応したらいいと思いますか?

○5と一緒で自分の存在価値を否定しているので、あなたにはこんなにたくさんいいといころがあるんだよ、あなたはこんなに素敵なんだよと自分の存在の素晴らしさを伝えてあげる。

7.無理難題を言って大人を振り回す子の心理は? どう対応したらいいと思いますか?

○自分に注目して欲しい、かまって欲しい→もっと愛して欲しいということではないかと思うので、ちゃんと愛していることを伝えて、振り回したり困らせたりする必要がないことをちゃんと伝える。(ただのわがままの部分は注意する)

8.友達からはずされるイジメを引き寄せる子の根本的原因は? その子にどう対応したらいいですか?

○お母さん自身がいじめを経験しているので、お母さん自身のインナーチャイルドを癒す。子供が自分の存在価値を否定している場合は、あなたが生まれてきてくれてみんなが嬉しいと思っているんだよと伝える。

9.男の子、男性、お父さんを嫌う女の子の根本的原因は? どう対応したらいいですか?

○お母さんが妊娠していた時にお父さんの存在を嫌っていた(否定していた)ので、父親のところへ行くとお母さんがいい思いをしないと思って行かなくなる。 対応としては、まずお母さん自身が旦那さんとの関係を修復する。

10.思春期の子が殻に入った時、親として大人としてどう対応したらいいと思いますか?

○ダメ出しをしすぎてきた結果なので、ダメ出しをやめて存在を認める言葉をかけ続ける。

11.勉強のやる気が起きない子に対する、言葉かけと対応のしかたは?

○お母さんも家事やりたくないときいっぱいあるよ!一緒だね。誰でもそうだよ!やりたくないって思ったっていいんだよ。など、子供の話を聞きながら伝えてあげる。後は、机を片付ける!

12.上記2~11の内容で、自分にもあてはまり、形を変えて表面化してたり同じように振る舞っている部分があればひとつひとつ具体的に例を書いてください。(例:夫が茶碗を洗ってくれてるのに、今度は掃除機も!洗濯も!こんな形じゃないとイヤ! と無理難題を言っている私、など)

○子供と旦那さんが二人の世界で遊んでいると『どうせ私なんかいなくていいんだ』と思って拗ねたりする

○自分も家事にやる気がわかない日もしょっちゅうあるのに娘が体操教室に行きたくないというと腹がたつ。

○旦那さんが私や子供の為に色々してくれているのに、そのしてくれていることにどんどん慣れてしまって、たまにできなかったときに責めてしまう。

13.8回目、全体を通しての感想は?

○7回までの講義の総まとめのような内容でした。前回までの講義の再確認できて、理解もより深まったように思います。具体的な事例を見ていきながらこの事例にはあのとき習ったことが当てはまるのかなど考えながら復習できてとても良かったです。

14.この講座を修了し、始めた頃と現在と、自分自身に、家族に、職場に、どのような変化を実感しますか?

○この講座を受けて本当に良かったと思います。産後ずーっと悩んできたことを解決できるヒントをいただけたと思います。まだまだ、わかってはいてもその場になると感情が先走ってしまうことも多いですが、後からでもその気持ちを冷静に見ることができるようになったと思います。子供の問題、旦那さんの問題と思っていたことが自分の問題でもあったことに気づけ、自分ができることは自分が先に動こうという気持ちになれたことなど本当に嬉しいことがいっぱいの4か月でした。
 
最後に、私と同じように悩んでいるだろうたくさんのお母さんの手助けができるよう、私自身がもっと成長したいと思いました。
本当に本当にありがとうございました。