早産で、生まれてすぐから2ヶ月ちょっと、入院していた
現在7か月のYちゃん。
その間の寂しい思いや怖い思いを癒してあげたいと
今回のセラピーに参加してくださいました。

顔はとってもニコニコしていますが
最初、抱っこさせてもらった時、体が硬く、
ぎゅうっとなっています。

自分の子以外、触れる機会がないので気づきませんが
実は赤ちゃんの時から、体が緊張しているお子さんは
とても多いのです。

なので、仰向けになって夜寝ている時、
背中とお尻が苦しくなり
何度も泣いて起きることがあります。

心と体をゆるめることで、力も抜け
抱っこすると、とてもやわらかく感じられます。

たった40分ほどのセラピーで
こんなにも大きな変化が起こるピエタ・セラピーを
私は全国に広めていきたいと思っています。

全国にピエタセラピーのできる
チャイルドProセラピストを輩出していきたい。

赤ちゃんの時の勘違いで、お母さんと繋がれなく
それがそのまま人間関係が築けない原因となり
思春期から悩み苦しんでいる方がたくさんいます。

今日も、大きな勘違いが解放され
こんなにもお子さんのことがいとおしく
母と子が繋がった報告をいただきました。

以下、同意を得ていますので
メールの内容をそのまま掲載します。

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

7か月 Yちゃん 女の子

今日はありがとうございました。

そちらでは周りが気になるのか、
あまり感情が出せなかったですが、
帰りながらちょっと思い当たることを思い出したので、
家に帰ってもう一度ピエタセラピーをしてみました。
するとそれが当たったようで、泣き叫び出しました。

彼女が入院中、保育器から出られた頃から、
毎週火曜日に未熟児網膜症の検査が始まりました。

それまでは、他の子はお腹が空いたり、
寂しい時には泣いてアピールするのですが、
彼女はまだ体も小さかったし、あまり感情を出すことも無く、
私たちは彼女の声を聞いたことがありませんでした。
看護師さんから、「Yちゃんは我慢強い」と言われ、
誇らしくもあり、また心配でもありました。

でも眼科検診の時は、もの凄い声で泣き叫ぶんです。
その声は怖いというよりも、怒っているような泣き方でした。

大抵の親なら、眼科検診の日は可哀想と言って嫌がるのですが、
私は彼女が泣くのが嬉しくて毎回笑ってたんです。

もちろん彼女が怖い思いをしていることが嬉しいのではなく、
彼女が人間らしく感情を出せているのが嬉しかったんです。
夫や田舎から手伝いに来てくれていた母にも見せたくて、
ビデオに撮ったりもしました。

でももしかしたら、そのことを勘違いしているのでは…?と思い、

「Yちゃん、泣いたらお母さんに笑われると思ったの?」
と聞いてみました。

すると火がついたみたいに泣き出しました。
彼女はやっぱり泣くのを我慢していたようです。

いつも顔は泣いてるのに声が出なくて、すぐおっぱいを欲しがります。
おっぱいがもらえないと、指をしゃぶって、
一生懸命気持ちを落ち着かせようとしています。
なので、「泣きたいのにおっぱいで誤魔化そうとしてるの?」
と聞くと、更に激しく泣き叫びました。

情けないです。。

こんなに小さな子供に、こんなに我慢をさせていたとは…

それからずっと、彼女の勘違いを解いてあげて、
もうおっぱいで誤魔化さないでいいんだと伝え続けました。

しばらく続けると、じぃ~と私の目を見て、
きゅ~んと、か細く泣きました。
それからニコニコ微笑み出して、突っ張っていた体を緩めました。

今はおっぱいをたっぷり飲んでぐっすり眠っています。

ピエタ・セラピーを知ってから今日まで、
何度か家でも早産になった理由や、
離ればなれになった理由を説明し続けました。
でもまだ他にも泣けない理由があったとは思いもせず、
今日気付くことができて、本当に良かったです。

まだ完璧ではないでしょうから
何度か繰り返していきたいと思います。

また報告します。
今日は本当にありがとうございました。

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

7か月にして、泣きたいけどなかなか泣けない
口では何かを訴えている・・・

そんな表情をしていました。

母子分離からくるものではないな~と思い
きっと家に帰ってから、何かお母さんが思い当ることがあり
その時に解放されるだろう、と思っていたところ
すぐ報告のメールがきました。

さすがです。素晴らしい~♪

ちゃんと、出産後、離れた理由を説明してきてたんですね。

それもとてもよかったですよ。

気持ちをわかってもらえると、
体はリラックスしてゆるみます。

どんなに小さな赤ちゃんでも
言葉で説明すればわかるしちゃんと伝わります。

お母さんたちは、我が子の気持ちを深く感じとり
この、ピ~ン!という感性が誰にもあるんです。

日常の忙しさで、また自分の感情で曇ってしまい
子供が何かサインを出してから、気づくことがあります。

この感性、最初はわからないかもしれませんが
引き出し磨いていくお手伝いが、私の仕事でもあります。

ハートが開き
心と心が繋がると、
とってもいとおしく感じられます。

本当に感動です。

こんなコミュニケーションを日々心がけていけば、
子供は成長過程において
ちゃんと自分の気持ちを自分の言葉で
話してくれるようになります。

そして、自分を大切にでき、
他者を思いやれる人に成長していきます。

またその後の報告もお待ちしていますね。

ありがとうございました。