第8回目最終回 通信講座レポートより――

◆この講座を修了し、始めた頃と現在との変化

今回チャイルドセラピストの講座を受講して、
1回目を受講した後は、帝王切開で出産した時の娘への罪悪感を鮮明に思い出し、
バーストラウマを知り本当に辛かったです。
同時に、出産後娘が死んでしまうんじゃないかと異常なまでの不安があって
入院中預かってもらった時に新生児室には娘しかいなく
そんな娘を迎えに行った時の私の罪悪感は未だに自分の中で許せないままでいます・・・。
まだまだ新生児室にいる自分にイメージで会いに行って、
「大人の私が側にいるからね…お母さんはあなたが嫌いで来なかったんじゃないんだよ、
傷が痛くて体を休めているんだよ。」と話しかけることを何度も続けます。
またどうしても辛くなったら相談させてください。

8回目のレポートを書き始める前に、
7回目までのレジメと今までの真美先生のたくさんのことばを綴った大事なノートを
見返しながら8ヶ月間を振り返りました。
講座を始めたころは、まだ寝がえりとおすわりしかできなかった娘も、
今ではよちよち歩きと一人で階段を2階まで登れるようになりました!!

娘が寝てから、動画を見て何度も涙を流し…起きたら途中で止めて、
何度も何度も巻き戻しながらノートに書いていく…
辛い感情が出てくることもたくさんありましたが、
だからこそ、毎回次の講義が楽しみで仕方ありませんでした!!
夫も、「とても充実してる顔してるね」と言ってくれました。

そんな日々を思い出しながら、
「今まで自分を苦しめていたのは勘違いなんだ、
 自分の気持ちへの向き合い方を変えることで
 生きやすい人生にこれからは出来るんだ!! 大丈夫!!」
という気持ちでいっぱいです。

もしも、妊娠の前に学ぶことが出来ていたら違っていたのかな?・・・と思う反面、
待望の妊娠、出産を経験し、これからは毎日が絵に描いたような幸せが待っているんだと
期待に胸を膨らませていたけれど、
現実はカラダもココロもボロボロな日々を過ごした今だからこそ
深く学ぶことが出来たのかも知れません。

子育てをしながら、自分のペースで学ぶことが出来るこの講座に
あの時出会えて本当に良かったと思っています。

毎回とても学びが大きかった講座の中でも、私が特に印象に残っている言葉は、

「たった一人でいいんです。たった一人が変わっていくことで
 自分の家族が幸せになって、そして、その幸せが連鎖していくんです!!」

という言葉です。

たった一人。
私が変わっていくことで世の中に貢献できることがあるんだ!!
そして、これから出会うたくさんの子どもたち、お母さんたちのこころに
寄り添っていきたいと思っています。とっても勇気がわいてくる言葉です。

これからは、真美先生から教わった、自分の中の思考・感情・意識を使って、
まずは今まで犠牲してきた、無視してきた自分の心に寄り添い、
時にはきちんと喝!!を入れながら、
しっかりと目的・使命を見つけて「自分の人生」を生きていきたいと思います。

職場での人間関係では私の思考のくせを忘れず、
そして子育てを最優先に!!という目標をしっかりイメージして、
残りの貴重な育休の時間を過ごしたいと思っています。

娘には、私たちの本当の愛情をしっかりと受け取ることのできる、
そんな真の自立を目指して家族3人生きていきたいと思います。

この講座と真美先生に出会えて本当に良かったです。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!!

(これからもメルマガ楽しみにしています☆
 いつか真美先生に講演の依頼が出来ることを目標に育休を過ごしますね)