実はすごいショック!
そのショックを隠すために、
次のような振る舞いをするのではないでしょうか?

「あ~嫌いで結構! ママも大嫌いだよ!!!(怒)」と
3倍返しの切るタイプ。

とことん落ち込み、悲しくなって自分を責めるタイプ。

どんな人間関係でも、嫌いになるまでに積み重なった
「わかってほしい」気持ちがあります。

そのコップがいっぱいになった時
わざとイヤなことをしてきたり
暴言、暴力まで発展することもあるのです。

こうしなさい!
なんでこうなの!
あなたはいっつも○○なんだから! と

子供の話を最後まで聞けなかったり
決め付けた言い方
押し付けた言い方をしてきた場合

蓄積したフラストレーションが
爆発し、そのひとつが

「ママ、嫌い!」の言葉となり、現れます。

ママがママ自身を嫌っていると
いっぱい自分自身を責めていると

子供からそう言われるとショックで3倍にして返したり
落ち込みさらに自分を責めてしまいます。

今度、「ママ嫌い!」と言われたら
こう言い返してみてください。

「そう~、ママはあなたのこと、それでも大好きだよ」と。

相手の仕向けたゲーム版に、一緒に乗らないことです。

え? そんな余裕ないって?

つい、ぶつけてしまうって?

私のゲーム版に、相手を引きずり込みたくなるって?

では、そんな自分を高いところから
観察してみることから始めましょう。

あ~ゲーム版、回ってる、回ってる~、と
ただただ見て観察しましょう。

そのうちバカバカしくなります。

練習! 練習! です。

子供は大好きだからこそ、
一番わかってほしい人に、嫌い!って言うんです。

わざと、避けるんです。

嫌い!の下の、本当に言いたい気持ちと出会えたなら
その気持ちと気持ちで繋がり
とたんにまた仲良しに戻れます。

嫌い!の下にどんな気持ちがあるのだろう、と
イメージし、洞察してみてください。

きっと、あ、これかも!と
ピン!とひらめくことでしょう。

やってみてね。