第8回目最終回 通信講座レポートより――

◆8回目、全体を通しての感想は?

人格意識のバーストラウマのイラストが納得でした。
小さい時からずっと、自分の気持ちを隠したり、抑えたりする時、
苦しいと感じる時、胸の奥深くにぐーっと重たく押し込まれるように感じていたので、
イラストが分かりやすかったです。
今回の講座は、復習もかねてということもあり、一回目のバーストラウマの話を聞いた時より、
落ち着いて聞くことができました。
そして、講座では話しきれない程まだまだ沢山のケースがあるんだろうなと感じましたし、
知りたいケースもあるので、また質問させて頂きたいと思います。

そしてずっと楽しみにしていた先生誘導の胎内退行。
自分でもびっくりした結果でした。
帝王切開で産まれた私ですが、先生の誘導で、イメージで頭から産まれ、
この手に私を抱いた時、眩しくて、圧倒されるほど、力強い命のエネルギーに感動して、
涙が止まりませんでした。と、同時に、ここまでこれた自分が誇らしく感じ、
愛おしく感じました。命のエネルギー、凄いパワーですね。

幼稚園、保育園児、小学生、思春期のサポートでは、詳しく対処の仕方が学べました。
日常で、良く起こる出来事なので、学んだ通りに実践していこうと思います。

◆この講座を修了し、始めた頃と現在と、自分自身に、家族に、職場に、
 どのような変化を実感しますか?

なんだか分からない、常に感じていた心のからっぽ感がなくなりました。
どんなにうめようと努力し、犠牲しても、埋まらなかったからっぽ感が、
今は、少しずつ塞がってきているのを感じます。自分がどう感じて、どうしたいのか、
他人の目ばかり気にして、存在を認めて欲しくて犠牲し、疲れ果てていた私が、
自分と会話することで、責めずに感情を感じ、時にはNO!と断り、時には助けてもらえる?
とお願いでき、あーだこーだ言っている私が一番!という悪魔ちゃんに
「こら!!!」と言えるようになってきました。

自分の気持ちを、「私は」を主語にして話すことで、主人との喧嘩は減り、
一緒に暮らしていても感じることができなかった繋がってる安心感が、
離れて暮らしているにも関わらず、繋がっているという安心があります。
仕事のことを一切話さず、相談もしてくれなかった主人が気持ちを聞かせてくれたり、
父が不機嫌な顔をしていても、怯えることもなくなり、子供達が泣き叫んでも、
泣かせてあげることが出来るようにもなりました。

子供達も、私の機嫌をとることもなくなり、
自分がどうしたいのか伝えてくれるようになりました。
未来に行き心配をし、過去に行き責めることがなくなってきたことで、
今この時にぐっと集中できるようになりました。
まだまだ、私のプロセスは続きます。
勉強したことを、何度も何度も繰り返し、出てきたら捕まえて、
コツコツ解放していきたいと思います。私の幸せがみんなに伝染するように、
まずは私が私を幸せにします。

先生に出会えたこと、私の財産です。
先生に出会えたことで、私は自分を取り戻せました。
今は、自分の限りない可能性を、信じています。
日々、コツコツ見えない貯金をして、夢を叶えます。

先生ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いします。