通信講座6回目のレポートより抜粋―

Q9:過去のネガティブな出来事を出来事を通し、どんなことを学べましたか?
どんなメリットがありましたか?あなたの人生にどのように貢献してくれましたか?

・過去の出来事があったから、この講座を勉強したいと思った事。
・自分と真正面から向き合うことで、いろんな事から逃げなくなった事。
・自分の事や、自分の持っている力を発見、信じることができるようになった事。
・自分を癒せるのは、自分しかいないこと。
・自分の勝手な思い込み・勘違いで、自分を傷つけていた事。
・色々な心のしくみを知ることで、納得でき心のモヤモヤがなくなっていっている事。

他にもたくさん、たくさんありますが、過去の経験があったからこそ、
今ここで学べていることをとても幸せに思っています。
きっとここで学んだことが、これからの私の生きがいになることと思います。
私も、私の世代でこの連鎖を絶対に止めたいと考えています。

真美先生のように、自分の体験を通して、こんなに変わることができたんだよ、
こんなに今、幸せにくらせてるんだよって言うことを
多くの人に伝えていけたらと思っています。

第6回目のMother ワーク、先生の言葉を聞きもらしたくないと思い、
少しずつ、再生を繰り返しながらメモしていきました。

大切にされていない・愛されていない・否定されたという勘違いで
何十年もの間、母の事を恨んできました。
そのことで自分も苦しんできましたし、私を支えてくれている家族も
すごく苦しかったと思います。

このMotherワークで、子供と大人の意識が違うことや、
自分で決めた特別な日・特別な時期があること。
私が描くお母さん像が強かった事や、長い間、子供の意識でしか周りを見れていなかった事。
自分に都合の悪いことが起きると、相手を責め、決めつけ、
責任を取らずに文句ばかり言って、色々な人に迷惑をかけてきた事。
「ごめんなさい」の気持ちで、胸がいっぱいになりました。

講義中にありました、おばあちゃんの介護についての話を聞いて、
忘れかけていたことを思い出しました。
この講座を受ける理由の一つに、
感謝の気持ちを持って、両親の介護ができたらいいなと思っていました。

去年、おととしと立て続けに、
(母方の)おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなった時に、
お母さんの介護の様子を見て、母が持ってるしこりの部分を目の当たりにしました。
だから、私はここで絶対連鎖を止めて、
感謝の気持ちで母親を見れることができるようになりたいと思いました。

正直、まだまだ、母親に「○○して欲しかった」の気持ちが出てきますが…。

ゆっくり焦らずに、自分のペースで自分自身に寄りよっていけたらと思います。