お恥ずかしい話ですが、実をいうと3回目の講座を受ける前に、
落とし穴に落ちました。
勉強していることもあり、タイミング良く相談を受けたので、
教えるチャンス!とつい熱弁になってしまいました。

ただ、私はこんなすばらしい事色んな人に教えたい!
伝えたい!と

そういう気持ちでしたが、相手の反応がいまいちだった時、
話さなきゃよかったと思ってしまったんです。

あれ?と気付きましたが、
間違いなく、「やろう意識」、上から目線ですね。

そんなことがあったので、講座でその話が出た時に、
ぎくっと、なりました。

まだまだ、人のせいにしてしまっていることがあるのだなと、
反省しました。

しかし、私が先生と出会って
どんどん変化していく姿を見ていた姉や、友人が
是非教えて欲しい!というので、もちろん!と教えた後、
相手が「うんうん!難しそうだけどやってみる」言ってくれ、
あとは相手のプロセスを信頼して見守ることにしました。

そしたら、後から嬉しい報告が沢山ありました。

「難しいけどやってみたら、スルーと解けてった~。」
「言ってた意味が自分を通して分かったよ。」
「涙がが出てきて、私こんなにも寂しかったんだーと分かったよ」と
連絡をくれました。

自分を通して、自分で感じて、自分で行動することで、
みんな自分のペースで自分の人生を生きていくということ、
そして私も私のペースで生きていくよと、今はそんな気持ちです。

自分の本当の気持ちを伝えるのがこんなに難しいなんて。
凄く苦戦しています。

「~したら、もう一緒に寝ない!」とか
「ちゃんと付いてこないと怖いおじさんに連れて行かれるよ!」など、
今まで沢山言ってきました。
私も小さい時沢山そのように言われてきました。

そうやって、恐怖を与えて相手をコントロールしようとしてしまっていました。
自分が言えなかった「嫌だ~!」という気持ちを感じながら、
本当の気持ちを言う練習をしています。
失敗する時も多々ありますが、
そんな時は子供達にきちんと謝って、
本当の意味でのコミュニケーションできるようになれたら嬉しいです。