こんな相談がありました。

~~~~~
普段よく一緒に遊ぶ友達がいます。
娘と友達女の子2人なのですが、
幼稚園が一緒で習い事の音楽教室でも一緒です。

普段の遊びも母親同士が仲が良いということで、
遊ぶことが多いのですが、
女の子3人だとどうしても娘は外されることが多くて気になります。

2人であそんでいるときは仲良く遊べるのですが、
3人になったり、もっと人数が増えるとあっちに行って
という感じで押されたりしているのを見かけます。

娘の性格も大人しく、引っ込み思案で、強く出られない。

どうしても遊んでいて楽しいほうに行ってしまうのはわかるのですが、
一人の女の子が2人で遊んでるんだから入ってこないで!
という態度を出しているので、娘はいつも入れず、
一人で遊んだりしている姿をみます。

どうしてあげたらいいのかわからないのと、
こういう性格は将来心配でしかたありません。

何度も真美先生に相談してみようと思っては
もう少し様子を見てみようと思ったりしたのですが、
だんだんとエスカレートしてきているので、
年中さんになってからもっと嫌な思いをするんじゃないかと
悲しい気持ちでいます。

気にしないようにしていたのですが、
我が娘のこととなるとやっぱり気になってしまうものです・・・
~~~~~

◆以下ような質問を送りました。

———————————
1.あなたの心の中に、娘さんのようなインナーチャイルドはいませんか?
  幼少期に同じ思いをしていませんか?

2.あなたと下の子がベッタリで(つまり遊んでいて)、
  そして上の子はよくひとりで遊ぶか待つことがありませんでしたか?
———————————

◆返答

1.のインナーチャイルドは嫌というほど思い当たります。
 小学校高学年のときにいじめにあいました。

①仲の良かった友達から突然無視されたことにより
 クラス全体に広がっていった

②側に近付くと面と向かってひどいことを言われた

③男子にまでいじめられるようになった
←娘も男の子が苦手のようで、
 こういったことが関係しているのか気になります

④もっといじめられないように必死に気を使ったり、
 みんなにくっついて歩いていたように思います。

2はなるべく娘を中心にしているつもりでいますが、
忙しくてテレビを見せてしまうことがあります。
下の子がまだ授乳していて甘えたいときに
好きなだけ飲ませているので、
べったりせざるを得ない状況です。
←娘のときも同じようにしてあげてました。

今思い当たることは以上です。

娘は仲良くしたいみたいですが、こないで!
みたいな感じになるといたたまれなくなって
私の膝の上に座っていることが多いです。
みんなと元気に走り回って楽しんでほしいと思うのですが、
なかなか上手に入って行けないみたいです。
———–

◆回答

あなたのインナーチャイルドを見ていきます。

1.小学校の時の自分に、大人の自分がイメージで会いに行って
 寄り添ってあげてください。

「つらかったね。私はあなたの味方だよ。」と。

そして、胸に丸く居場所をつくり(イメージで)
「ここにいていいよ。ここは安全だよ。誰も否定しないよ」と
言ってあげましょう。

2.また、自分も誰かをはずしたことやイジメたことはありませんか?

 過去の相手に、「あの時はごめんね」と
 イメージで何度かあやまってください。

 結構その罪悪感が、あると思います。
(たとえば、妹弟をイジメたこととか)

3.あなたの中に、あなた自身イジメて責めている感情や気持ち達はいませんか?
 あっちいって!と言ってませんか? 無視していませんか?

その子たちにも、居場所をつくってください。
「ごめんね、無視してごめんね、イジメてごめんね。
 ここに居ていいよ」と。

娘さんが、はずされて
あなたのところに来たら、そのまま「ここにいていいよ」と
あなたが娘さんの居場所であってください。

大丈夫ですよ。

はずす子も、心の中では罪悪感でいっぱいです。

はずされても、お母さんのところに安心できる居場所がある!

そう思えることが、これから何があっても
自信となっていきます。

そしていつか、娘さん自身の心の中に
ゆるぎない、自分の居場所をつくり
自分と繋がっていけます。

他の子と、仲良く遊ばなくても
お母さんと心が繋がっていれば大丈夫です。

小学校に上がったら
どんどん友達作っていけるようになりますよ。

ついでに、
下の子の授乳についてですが

さっき飲んだのにまた飲んできたら
あげないでください。

感情を抑えるために飲んでいたりします。

お母さんの罪悪感を刺激し
あの手この手をつかって甘えて注目を得ようとしてきます。

おっぱいをせがんできても下の子を優先せず
上の子の時間だったら、それを下の子に説明し
泣いても上の子を優先してください。

時間にメリハリをつけること。

下の子は、だんだん、
こういう手を使うとお母さん独占できるぞ!と思い
将来、依存的になってしまいます。

特に出産時のことがあるので
今から3,4歳くらいまで
バーストラウマを癒していく、という気持ちでいてください。

よければ、母と子のピエタセラピーも受けてくださいね。

にほんブログ村 子育てブログへ