講座2回目を受講して。。。

心配、期待、制限、罪悪感

今まで子供達に対する心配や期待は
自分の投影だったということに、納得でした。

子供が、幼稚園でお友達に「遊ぼう」と
言えないのがずっと心配でした。

まさしく私がそうだったから…
私が拒絶されるのを恐れていたからだー。と。

期待も、私はピアノを習いたかったけど、
習わせてもらえなかったこともあり、
子供にピアノを習わせることにしました。

習いたい!という子供の気持ちを優先したつもりでしたが、
なぜか練習に付き合ってあげられない。
どうしてだろうと思っていましたが、
自分のインナーチャイルドちゃんが、
「私もーー!」と言っているのだなと思いました。

「ママになったのだから子供優先にすべき」はもちろん、
「結婚したのだから私が我慢すれば」
「ご飯は家族の為に面倒くさがってはいけない」
「家族の為に毎日笑っていなければ」などなど、
全部自分で決めた制限であるということ。

罪悪感に関しては、すごーーく疼きました。
罪悪感が多すぎて、無実なのか、良心が疼く罪悪感なのか
区別も付かないという状態であるということ。
ワークが必要ですね。

全部が、自分にではなく誰かに触覚を伸ばしているということ。
そうでなければならないと思っていたので、
ここを知ることが出来て、本当によかったです。

講座2回目、とても興味深い内容ばかりでした。

全てが当てはまる。
今まで自分を苦しめていたものが
まさしくインナーチャイルドだと納得です。

誰かに触覚を伸ばして行くことが、誰かの為に生きることが、
私の人生!と思っていました。

でも、すごく生きにくかったのは、
それは自分を生きていないから!なのですね。

教わっても、
実生活に生かさなければ意味がないということは知っていますから、
この1ヶ月は罪悪感と向き合うことがとても多かったです。

出てきたら味わう、繰り返し繰り返し、トレーニングしています。