上の子供たちの時は12年間専業主婦で
3番目の子の時は産後2か月から仕事をしてきました。

両方を体験し、わかったことは

子供のそばにずっといなければいけない
ということもないし
働くことで子供が寂しい思いをするからと
罪悪感を感じることもない

ということです。

専業主婦であること
働くお母さんであること

どちらの生き方も、自分で選んでいいのです。

自分の人生の
大切な時間を自分で管理する

子育てをしていると、本当にそこを鍛えられます。

教育、経理、創造性、企画、運営、営業、接客など
子育て中のお母さんは、実は家庭の中で
会社のあらゆる仕事を体験しているんですよ、と講座の中でよく話します。

今やるべき仕事は家事・育児なのでしっかりやる
仕事を持っている人はその上で仕事もしっかりやる
家庭と仕事のバランスをとる

家庭を手抜きすると、深いところで罪悪感に感じるので
仕事にも支障が出てきます。

今やるべき優先順位を見極め
ただ淡々と行っていく。

「私ばっかり」と思う時は
自分のやるべき仕事なのに誰かがやってくれると期待しています。

実は依存、甘えからきているんです。
お子ちゃまごころ
心のバランスが崩れている状態。。。

やりましょうね!

やると、気持ちいいですよ。
嬉しいですよ。

うちの受講生さんたちも
実践してどんどん自分も家庭も変化していってます。

仕事や家事にやる気が出てきました~
子供にイライラしなくなりました~という報告をもらいます。

目に見えるお金をもらえる仕事と
目に見えないエネルギーをもらえる仕事とがあります。

どちらもどんな思いで仕事しているかが、大切なんです。

「なんで私がこんなことしなくちゃいけないの?」と思ったら
これは私に与えられた仕事なんだ!と思うといいですよ。

そして、貯金だと思ってね♪
エネルギー貯金です。(チャリ~ン)

貯金が一定量貯まると、ちゃんとギフトがもらえますよ。
どんな形かはお楽しみ♪

ブーブー文句ばかり言ってて思ってて
貯めないで使ってばかりもらってばかり

「ほしいほしい」
「こうしてくれない、あ~してくれない」
浪費ばかりしていたら
借金が増えますからね~。

家事・育児は素晴らしい仕事です。

仕事を持ってる女性も
その仕事の中で
子育てや家事の要素を行っています。

たくさんの女性たちがそこに価値を見出すことで
子育ても家事も楽しいものに変わります。

そして
いつもこの手で無条件に与えているんだ、ということに気づけば
自分を責めることもなくなることでしょう。

女性としての生き方
家庭円満の秘訣です。