託児に預ける時や祖父母宅に預ける時、どんなに小さくて言葉がわからないだろうと思う年齢であっても、ちゃんと預ける理由を説明してください。そして何時には迎えにくるよ、とも伝えてください。離れる時、淋しがって泣いても大丈夫です。

子供が遊んでいるからと何も言わずにだまって離れると、お母さんがいないのに気がつくと不安でいっぱいで、いつまでもドアのそばにへばりついて泣いていたりします。ちゃんと説明して離れたお子さんは、離れる時激しく泣きますが、数分したら泣き止み、安心して保育士さんと楽しく遊んでいます。

バーストラウマで母子分離が長いお子さんは、離れる時、この世の終わり、というくらい泣くことがあります。心のしくみを学んだ保育士さんなら、泣かせてくれるので、託児しながら癒されますよ。

うちの講座の修了生さんたちが、大きく活躍しています。とっても嬉しいです。