8回目最終レポート

東京在住 

1.バーストラウマとは?

胎児期・出産時・出産後におこった出来事や、まわり(両親・きょうだいなど)の感情・言葉をそのまま受け取り、持ってしまった否定的な思いこみの事。
その時、どんな思い込みを持ったかによって人生のパターンが決まったり、その思いこみを確証するような出来事を引き寄せてしまう。

2.妊娠中に考えられるバーストラウマには、どのようなものがありますか?
それをどのようなやり方で、癒していけると思いますか?

産もうかどうか迷った→私は産まれちゃいけない
男の子が欲しかった→女性では価値がない
両親の仲が悪い→産まれる事に対する不安
仕事や他のきょうだいの子育てなどで、忙しくお腹に意識を向けられない→大切にされていない
早産等の可能性で入院していた→私が母を苦しめている

妊娠中にかかえるバーストラウマは、そのほとんどが周りからの言葉や、母親の感情をそのままに受け取ったものだと思いました。
その言葉が本位であるか、たまたま言ってしまったものか分かりませんが、その時に感じたショックや不安、悲しい気持ちはそのままに感じていく。
否定的な思いこみを感じて味わう事は、怖くて苦しいですが、その気持ちを味わう。
それを繰り返す事で、それでも産まれる事を決めたのは自分と母親だと感じられる様になり、いまここに存在している事に感謝と愛が産まれる事で癒されると思います。

3.出産後に考えられるバーストラウマには、どのようなものがありますか?
それをどのようなやり方で、癒していけると思いますか?

出産後すぐに離れた→どうして来てくれないの。大切にされていない。怖い。いつまで一人でいればいいの、不安。
寒い部屋で寝かされていた→寒い。大切にされていない。

どんな人も産まれてくる事は初めての経験で、大変な想いをして産まれてきます。
そしてずっと繋がっていたお母さんに暖かく迎えられ、ずっと一緒に居られるものだと思っていたのだと思います。
しかし、現実には出産後すぐに離される事がほとんどで、赤ちゃんはパニックをおこします。
泣いても迎えには来てもらえず、辛く、大切にされていないと感じます。

大切にされないのは、なにか原因があるからだと思いこみ、そのとき思いこんだ理由をバーストラウマとして抱えています。
そのため、バーストラウマを癒すには、自分が持っている思い込みが何なのかに気付くこと。
そのバーストラウマに気付いたら、そのままその気持ちを感じて、そう思ってもいいんだよ、と自分と対話します。
十分にその気持ちを感じてあじわった後に、病院の方針や産後の処置でそばに居られなかった事を大人の私が、赤ちゃんの私に話してあげる。
決して、あなたの事が嫌いで・駄目で・そばに居なかったわけじゃない。ちゃんと迎えに来る事を伝えていく事で、出産後に持ったバーストラウマは癒さていきます。

4.幼稚園・保育園児が「行きたくない」という理由には、どのようなものがありますか?どう対処したらいいと思いますか?

・園の中で心配やもめごとがあり、行くのが不安。
・心が疲れる出来事があり、休んで甘えたい。
・(下の子が居る場合)自分が居ない時に妹・弟に母親を独り占めされている事に対する不安。
・友達グループに入れてもらえない。外される。
・好きな友達や先生が転園や退職で、居なくなった。

園生活での行き渋りは、母親と離れる事への不安と、自分で居場所を作らなければいけない不安、その二つが大きいと思います。
母親と離れる事への不安は、出産時の母子分離から来ています。
対処としては、悲しい・不安・怖いなどの気持ちを子供が感じ切って、泣くなら泣いて感情を出し切る。そして、その感情は感じてもいいもので、あなたが園に居る間もあなたの事を考えているし、帰りもかならず迎えにいくよと話してあげる。

自分で居場所を作ることへの不安は、園で友達関係を作る事は自分で人生を切り開く事の第一歩だと思います。受け入れられなかったり、我慢しなきゃいけない事も多いので、疲れて安心できる所で休みたい(子宮に戻りたい)という気持ちがでてきたのかなと思います。
または、行きたくない時もあるよねと気持に寄り添い、休みたい時は安心して休める場所がここにはある事を話してあげます。
毛布にくるまって、出産を疑似体験し自分のペースで産まれて良い事を話してあげるのも良いと思います。
親のインナーチャイルドを投影し、子供が行き渋る場合もあります。
その場合には、子供が行き渋る事で自分は何が不安なのか、どんな心配・制限をしているのかに気付く事で、子供の行き渋りが解消されます。

5.友達をたたく、かじる子の心理は?どう対応したらいいと思いますか?

たたく、かじる子は自分の気持ちをどう表現していいか分からなくて、そういった行動を取るのだと思います。
たたく、かじる子は存在価値の否定を持っているので、たたいてしまう自分を責めてます。また、何か言われただけで「ばかにされた」「無視された」と思い、相手に負けたくないから、反論する言葉のかわりに、たたいたり、かじったりしていると思います。
また、本人がその方法しか知らないという場合も考えられます。

対応としては、たたく・かじる行動はいけないよね。でも、何かたたいてしまう理由があったの?というニュアンスで、行動は注意し、その時どんな事を感じていたのかを探ります。自分の言葉で話してくれたら、否定せずにそのまま聞きます。
たたかなくても、自分の気持ちを理解してくれる人ができれば、時間はかかってもその子はもうたたかなくても気持を表現できるようになると思います。

6.「ふん、どうせ!私なんて!」とすねている子には、どう対応したらいいと思いますか?

すねている気持ちの裏には、もっと大切にしてほしい。私を見て欲しい。わかってほしい。という気持ちがあります。

対処としては、すねて離れようとする子にはあえてくっついていく方がよいと思います。「あっちいって!」と言われたら、「いかな~い。大好きだもん」(ぎゅっ)と、いやいや言われながらも何度か抱きしめていると、段々その子も追いかけられるのを待っているようになります。そうすれば、気持も大分出せ、すっきりとした気持ちになり、受け入れられていると感じられる様になると思います。

7.無理難題を言って大人を振り回す子の心理は?どう対応したらいいと思いますか?

赤ちゃんは泣くと大人がすぐに駆けつけて抱っこしたり、ミルクをあげたりしてくれます。
それはその子の成長にとって必要な事ではあります。
歩けるようになり2歳頃になると、自分で歩いたり、しゃべったり出来る様になり、欲求を周りにストレートに伝えられる様になります。
その良休をいつも周りが叶えていると、その子は「周りはなんでも聞いてくれる。自分は一番偉いんだ」と勘違いをしてしまいます。
そのため誰かが注意をしただけで否定されたと感じ、言い負かそうとします。

対処としては、無理な時にはNOを言って子供の欲求を断る。泣いたり、怒ったりしてもそのままにしてあげて落ち着いた後に、どうして駄目なのか話します。そうする事で、子供自身も納得した我慢が出来るようになります。
親自身の罪悪感が強いと子供の無理難題を受け入れがちになるので、子供に泣かれるとどうして辛いのか?責められている気がするのか?を見つめていき、時には「いい加減にしなさい」という勇気が必要です。

8.友達からはずされるいじめを引き寄せる子の根本的原因は?その子にどう対応したらいいですか?

その子の中に、「自分は駄目だ。価値がない」という思い込みがあり、自分を否定し責めています。
そのため、その思いこみを現実化するために、はずされるいじめを引き寄せています。
きょうだい構成のなかでは、真ん中子に多く、親からの関心が薄いことがあります。

対処としては、外される事がどうして怖いのか?どんな気持ちになるのか?を観察します。
そして外される事は周りがあなたを価値がない、面白くないと思っているからではなく、あなた自身が自分で自分を価値がなく、駄目な人間だと思い込んでいるからだと気付かせる事です。
気付く事で、自分をさらに責めるのではなく、自分の中にそういう気持があるんだな、とそのまま心の中においておく。
外されることは居場所がない、のではなく1人であっても自分自身と対話し、自分が自分と仲良くなれれば1人でいても怖くないし、楽しむ事ができるようになります。

9.男の子、男性、お父さんを嫌う女の子の根本的原因は?どう対応したらいいですか?

・胎児期に「男がよかった」と言われていた。
・男兄弟などと比べられて、「女のくせに」など性で判断する言葉掛けをされた。
・お母さんとお父さんの仲が悪かった。お父さんを嫌っていた。
男性を否定(嫌う)という事は、同時に自分の女性性も否定しているという事です。

対処としては、
・「男が良かった」や、男性と比較されて育った場合
→「女性の○○ちゃんが好き」など、女性で産まれそのままのその子を受け入れている、言葉掛けをしていきます。
また、女性である事の素晴らしさ(慈愛・柔軟さ・産み育てる)を伝え、女性であることにも価値があると気付かせていきます。
・お母さんがお父さんを嫌っていた場合。
→赤ちゃんは胎児期からお母さんの感情をそのまま自分のものとして受け取っています。
お母さんが嫌っている=自分も嫌わなければいけない、と思い込んでいます。
その女の子をお腹に戻すイメージで、「お母さんの感情とあなたの感情は違う。だから受け取らなくていいんだよ」と伝えていく事で、男性を嫌う様な出来ごとを引き寄せない様になっていきます。

10.思春期の子が殻に入った時、親として大人としてどう対応したらいいと思いますか?

思春期は子供が空にはいる時期なので、閉じこもる事は仕方ない事です。
閉じこもる事は、自分自身や良心という名の神様と対話する時間なので、親はむりにこじ開けようとするのではなく、そっと見守る事が必要です。
その子が普段と違ったり、悩んでいる様子があれば、親のほうから声をかける。
返答がなかったり、聞かなかったとしても、伝えた事はその子の足元に落ちているので、押しつけなくても大丈夫です。
子供のことが心配なら、何を自分は不安に思っているのかを書き出し、親自身も自分自身と対話する事で気付いていない真実に出会えます。
お互いの領域を侵害しないことが大切です。 

11.勉強のやる気が起きない子に対する、言葉掛けと対応のしかたは?

勉強をしなくてはいけないのに、怠けてしまう。
やるべき事が出来ない事に対して、その子は十分に自分を責めています。
だからこそ「勉強しなさい!」というと「わかっている!うるさい」などと反発してしまいます。
言葉掛けとしては、「お母さんもやりたくないときあるよ」と共感し、「そんなときはこうやってるよ(30分だけ好きなことをする。机を片付けてみる)」
 と話してみます。
対処としては、子供が自分で行動を起こす事を信じて待つ。
親自身も仕事や趣味の勉強をしたり、横で本を読んだりし、子供が勉強に取り組みやすい環境を整える事も必要だと思います。

12.上記2~11の内容で、自分にも当てはまり、形を変えて表面化してたり、同じように振舞っている部分があればひとつひとつ具体的に例を書いてください。

2、母が出産間近まで仕事をしていて、忙しかったので、「産まれても大丈夫かな?迷惑かな?」という思いがあり、母に対して本音を言えない。

3、息子が産まれる時に、出産に対して知識が少なく出産時「こんなに苦しいなら、産みたくない~」と思ったり、出産後すぐに別室に連れて行かれた事。いまも後悔しているし、まだその事で息子が癒されているとは感じられない。

3、私が産まれた時に、母はお乳の出がよく他の赤ちゃん達にも母乳を分けていたそうです。その事を聞いて「私だけのものじゃないの?大切にされていない」と思っていた。

4、小学校や中学校の時に、学校へ行きたくなくて親が先に家を出る事をいいことに何度か休みました。
その時は、いじめられていたり、何となく居場所がないと感じていて,
家にこもりたくなっていました。でも、本当は両親に休んでいた事に気付いて欲しかったです。

5、私もかじる子供でした。小学校くらいでも、噛みついてたそうです。大人になってからも、両親などに「否定された」と感じると、噛みつくかわりにあからさまに不機嫌な態度を取ったり、「分かってるって!」と攻撃してます。

6、自分の思い通りにいかない事があると、すぐにすねて、夫や息子に「私を大事にしてよ」とアピールしてしまいます。

7、家族に対して、「自分が一番」という態度をよく取ってしまいます。出先で、自分の行きたいお店があったら夫が子供を見ててくれるのに、夫が買い物している間は「あなたばっかり見に行って・・はやく戻って来てよ!」と思います。

7、誕生日など、プレゼントを用意してくれているのに、「これ欲しかったものじゃない。だったら、何が欲しいか聞いてくればいいのに。察してよ」と思い、素直に喜べない。

8、中学2年の時転校し、1学期は普通に過ごしていたけれど、2学期から急に外されたり、無視されるいじめにあいました。

8、以前、小さな服飾店で働いてました。店員は3名で、店長・副店長・私でした。
店長と副店長は仲が良くて、疎外感を感じてました。仕事は好きでも、何かとダメ出しされてていて「もうだめ、辞めよう」と思い、上司に相談しました。
店舗を移動させてくれて、そこでは人間関係の問題もなく仕事も楽しくて、売り上げも良くなりました。
いま思うと、以前の店では自分から引いてしまっていて、この店に自分は相応しくないとも思っていました。ちょっとダメ出しされた事で「否定された」と思い、落ち込んで、それがさらに以前の店長達をイラつかせたのだと思います。

8、外される前に自分から離れておこうと、よく思っていました。幼稚園での茶話会は極力必要以外行かない様にしてました。

9、異性を嫌う、とは少し違うかもしれませんが。
父と母の仲があまり良くない時期がありました。その頃、家に何度か不審者が入り、私たち姉妹が寝ている所に忍び込んできました(性的なことはなかったですが、身体に触れられて眼を覚ますと逃げていく、という感じです)。
父は深酒をして窓をあけっぱなしのまま寝てしまうので、そこから侵入していたと思います。警察にも相談しましたが結局捕まえられず、父の事を「男なのに、父親なのに、私たちの事を守ってくれないんだ」と思いました。
それ以来、父との関係はぎくしゃくしてます。何か言われても「分かってない癖に!」と言いたくなります。
夫に対しても、「男なんだから、私や子供を守ってよ」という思いがあります。

10、思春期は自分との対話をしていなかった様に思います。
ずっと外に居場所を求めて、家族との間に壁を作っていました。
去年引っ越しをした時には、周りに友達を作る気力がなく閉じこもっていました。

11、やらなきゃと分かっていても、先延ばししてしまう事がよくあります。いまやらなくても良い事を優先してしまう所があるので、最近は意識するようにしています。

 13.8回目、全体を通しての感想は?

もう終わってしまうのか~と思いましたが、今まで学んできた事の復習をした事で、「これはこの問題とリンクしているんだ」と気付きが多かったです。
ノートを見直して、納得できる事が多く、レポートもすらすら言葉があふれてきました。ですが、問い8の「友達に外される」の問題だけは、手が止まりました。私の中で、まだこの問いは癒せていないと感じました。

体内退行のイメージ療法では、こんなイメージが出てきました。
手足がびりびりとしびれて、水がどんどん流れていき、自分もその流れに身を任せなくてはいけないと分かっている。
けど、怖くて仕方がない。戻りたい、戻りたい、ここに居たい、と思っているのにどんどん流されている。
自分の意志とは関係なく物事が進んでいく、という感じを受けました。
イメージが終わって戻ってきた時に、「この感じ前にもあった」と思いました。
息子を出産する時も、去年引っ越しした時もそう感じていました。
あ、だから怖かったんだ。不安だったんだ。と、パッと繋がりを感じました。
このイメージワークが私の中ですごい発見でした。

14.この講座を修了し、始めたころと現在と、自分自身に、家族に、どのような変化を実感しますか?

講義を始めてすぐに引っ越す事になりました。
息子も幼稚園に通っていたし、友達と離れさせるのはかわいそうだと思いました。それに私も行きたくない。
実際引っ越しの話をすると「行きたくない」と泣いてました。
当然だと思いましたし、私はその時に真美先生の話を何度か聞き、泣く事は悪い事ではないと思っていましたが、夫はそうではなく
息子が泣く事で自分が責められていると感じた様です。

気付くと家から出ていっており、その事に気付いた息子は「自分のせいでパパがいなくなった」と大変ショックを受けていました。
夫には「もう泣きやんだよ」とメールすると帰ってきましたが、私はその時夫に対して不信感とモヤモヤを抱きました。
「引っ越したくはないけど、ついて行くしかないよね」と思い、どんよりした気持で引越しましたが、周りに友達もいなく、夫も出張でほとんど帰らない。誰かと話す気力も、講義に対するやる気も薄れしばらくお休みさせて頂きました。

数か月お休みし、そろそろ始められそうな気がすると思った頃、真美先生から「最近どうですか?」とメールがありました。
気にしてくれてたんだな、と嬉しくなり、講義を再開しました。
講義を聞いて、穏やかに過ごせる時があったり、モヤモヤして周りに当たってしまう時もありました。
レポートを書く時も自分にあてはまるなと思うとなんて言葉にしていいのか分からず、何度も手が止まりました。

講義を進めていく中で、今まで私は無理に他人と付き合っていた事に気付きました。
居場所が欲しい、認めて欲しいと思って無理をしたり、私を傷つける人をいっぱい引き寄せてきました。
そして他人から外されたくないから、外される前に自分から引いている事。
極力関わらない様にしているけど、本当は仲良くしている人たちがうらやましくて仕方ない事。
「そうだよな~やっぱりうらやましいよね」と気付いた気持ちに「そっか、そっか」とそれぞれ、マルを付けていきました。
感情がでてきたら、それを「どうしてそう感じたんだろう?」と対話する事で最初はきつかったですが、一人でいても構わないと思えたし、
幸い息子は社交的なので新しい幼稚園でも自分で友達を作っていました。

そんな日を繰り返していると、自然に私の周りに友達が出来る様になりました。
無理に合わせなくてもいいんだ、と思うとすごく楽になりました。
主人も今までは私や息子のために・・という犠牲的な事をよくしていたのですが、少しずつ自分のやりたい事を言ってくるようになりました。
一緒にやりたい時はやるし、自分を優先したい時はする!でもお互いに「むこうばっかり」にならない様に譲る時は譲る。

このままここで暮らしたいな~と思っていたのですが、1年でまた引越しすることになりました。
「またか・・」と思いましたが、以前ほどの落ち込みはなく、離れたから縁が終わりとは感じなかったです。

引っ越してもまだ講義は続いており、新しい幼稚園でも疎外感は感じてましたが「引っ越したばかりだし、まあ仕方ないよね」と、それはそれで置いておけるようになりました。段々と顔見知りも出来、話したい時に話すという距離感が気に入っています。一緒に遊びたければ、待ってないで自分から誘ってもいいですし。

以前は息子と2人の時は「疲れてても遊んであげなきゃ(一緒に遊べる友達が少ない事からの罪悪感から)」と思っていましたが、
やることがある時や疲れている時、私と子供の優先順位は違うのだから、出来ない時は「無理」と言っても良いと思えました。
「無理」や「それは嫌だよ」と言っても、息子は私に「あそぼ~」「かまって~」と来るし、集中して遊ぶ時間を設ける事で満足してる様ですし、優先してくれていると思っているようです。

今回で講義が終わり、また引っ越す事がありますが、もう大丈夫だと思います。
今回の最終回で体内退行のイメージワークで、私が引っ越しに対して抱いたネガティブなイメージと出産時のイメージが重なって見えたので、「怖くて当然。良い事も悪い事もあるけど、ホントは自分で選んでるんだ」と思える様になりました。
両親に対しても講義の中で、愛があふれていた事に気付き、私の居場所は家庭にも、両親の中にも、周りの人たちとの中にも、そして自分自身の中にもあるんだと気付けました。
これからも出てきた感情を見つめて、自分と仲良くなって、あっちいったりこっちいったり、戻ったり進んだりを繰り返して行こうと思います。
本当に長い間サポートして頂き、ありがとうございました。
まだまだ書きたい事はあるのですが、それは自分の中でまとめていこうと思います。

チャイルドセラピスト講座を勉強して本当に良かったです!

これからもずっと勉強させてください^^