5 回目レポート

埼玉県在住。

 

1:女性性と男性性の講義について気がついたこと。

自分にも当てはまる事がたくさんありました。セラピスト講座を受けるまでは、女性性を否定していると思ったことはなかったのですが、よく過去を振り返ってみたら当てはまる事がたくさんありました。

前の夫は男性として頼りなく、私が強く出ていました。
「この人なら浮気の心配をしなくていい」と思って選びましたが、それは自分の女性性の否定からだったんだろうなと思いました。

しかし、しばらくして「こんな頼りない人じゃ幸せになれない」と思うようになりました。今思えば、なんてわがままな女だったのかと、反省しています。自分中にある女性性を育んで、輝かせていきたいなと思いました。

 

2:女性性と男性性のネガティブ・ポジティブ。

どんな要素が強く、どんな影響を自分に与えているか。私の場合、女性性のネガティブ要素である「依存」が自分に大きな影響を与えていると感じました。

セラピスト講座を受ける前は、「私は自立した女。依存なんて全くない。」と思っていましたが、講座が進むにつれ、「一人で全部やらなきゃ」という気持ちの裏に、ものすごく強烈な依存があることがわかりました。しかし、ずっと依存を受け入れることができず、否定して、隠して見ないようにしてきました。

その否定された依存が私の中で暴れていて、ちょっとでも甘えた人をみると、その人を嫌いになっていました。

元夫は頼りないタイプだったので、その頼りなく、依存的なところをすごく嫌っていました。また、男性性のネガティブ要素でいうと、やや暴君的な部分もありました。よく、「お前はわがままだ」と言われていましたが、「言うこと聞かないやつは知らない」というところが、周りから見るとわがままに見えたと思います。

女性性のポジティブ要素の中では、割と受け入れるというのも強かったと思いますが、受け入れすぎて犠牲していた面もあったように思います。

 

3:女性性を否定している女性をサポートするには、どんな方法、どんな言葉かけが良いか。

まずは否定している気持ちに寄り添い、これまでのパートナーシップや家族との関係でできた傷と向き合うサポートをしていきたいと思います。その上で、その人がこれまでやってきた事、女性性を発揮してきた場面を一緒に思い出し、自分の輝きに気づいていってもらいたいです。

そして、これから先、どんなことができそうか、どんなことをしたいか一緒に見つけ出したいです。
何よりも、サポートする私自身が輝いて、お手本となり、希望を持ってもらえるようになりたいです。

 

4:「統合する」はどういうことか。

どの要素もバランスよく存在している状態。
全ての要素が溶けあっているようにバランスよく存在していて、状況に応じて、強調する要素を自在に使い分けられる柔軟さがある状態。

 

5:今の場所でできる女性性を発揮する仕事・役割はなにか。

その仕事が自分の周りにどんな影響を与えるか。
家族の話を聞いてあげること。彼の話を聞いてあげること。

話を聞いて気持ちを受け入れてあげる事で、外での活動をサポートしてあげる事できる。
家事を楽しむこと。

心地よい空間を作る事で、安心をもたらすことができる。

 

6:「犠牲のサイクル」の講義を聴いた感想

講義を聴き、自分がどっぷり、このサイクルにはまっていた事に気がつきました。

セラピスト講座を開始してから、以前に比べて、嫌なものは嫌といえるようになってきてはいたのですが、まだまだ自分を犠牲にしていたようです。「自分は期待なんてしていない」と美化していましたが、しっかり期待していました。

期待して、勝手に犠牲して、さらにそれを相手のせいにするという、ワガママサイクルにどっぷりはまっていました。

セラピスト講座3 回目の成長プロセスのところを振り返り、今回の犠牲のサイクルと合わせて理解を深めました。期待してないフリ、満たされたフル、許したフリ、見返りを求めていないフリ・・・・・フリだらけの自分にも気がつき落ち込みましたが、そんな自分の存在も認めることにしました。

今回は自分がどんな期待をしているのだろうということを振り返りましたが、その原点が兄との関係にあることにも気がつきました。遊んで欲しくても遊んでくれない兄に対して、いつか振り向いて欲しいという期待を抱いていたことを思い出しました。そして、母と兄が仲良くしていると嫉妬していた私。恋愛でいつも2 番を好み、振り向いてくれることを期待している私。

よく考えれば、私が仲良くする男性は、既婚者ばかりでした。1 番だよと言われると居心地悪く、子供っぽいと思い、自分から切ってしまう私。

6 月に入ってから、今の彼が少しずつしっかりとしてきたのに、そんな彼を急にけむたく感じるようになりました。そんな時に久しぶりに、以前セミナー出会った既婚男性から食事の誘いがありました。その男性との関わりで、兄のことを思い出し、私はいつも男性に対し、兄を投影して期待してきたのだということに気が付きました。

気がついてからは、まず、期待している自分の存在を認めました。そして、兄に遊んで欲しくて、追いかけては「あっち行け!」と言われていた頃の自分に会いに行き、気持ちに寄り添いました。

そして、「お兄ちゃんの優先順位とあなたの優先順位はちがうのよ。自分が楽しめることを探そう。」と説明しました。そして、期待して、もらえなくて、人のせいにしているワガママチャイルドには、喝!をいれ、「いつまで人のせいにして自分を犠牲にしているの!いい加減自分の人生に責任を持ちなさい!」と叱りました。

その後、兄への期待、母への嫉妬は少し癒えましたが、またひょっこり出てくるかと思うので、その時はまた、しっかりと向き合おうと思います。

 

7:「価値観の優先順位」についての感想

私は、他人と自分の価値観の優先順位が違うことは理解しているつもりでしたが、わかっていても、いつも許せないでいました。
そしていつも怒り、期待して、自分を犠牲していました。待てない、我慢できない。今欲しい、今じゃないとダメ。なんで、くれないの。
そんな子供心のある私でした。

しかし、自分で自分を満たすことに集中し始めてから、相手の優先順位を理解できるようになったし、待てるようになりました。すごく楽だし、待っている間に自分の事を満たしてあげられるので、怒りが少なくなりました。これからも向き合っていこうと思います。

 

8:「同一化」についての感想

この同一化も、しっかりと自分の中にありました。人に対しても物に対しても、よく同一化していました。
講義中の甘納豆の例はよくわかりました。私もよく同じことを思っていました。

彼に対しても、同じペースで成長しないと幸せになれないと思っていました。講義を聴いた後は、彼には彼のスピードがあるのだから、自由にさせてあげようと思えるようになりました。

 

9:全体を通しての感想

今回の講義も、新たな発見がたくさんありました。犠牲のサイクルのところでは、自分に幼少期のときの気持ちに気づけ、また一人自分を受け入れることができました。今回は前から疑問に思っていた謎が解けました。

以前から、私に彼氏ができると母がよく嫉妬していたのですが、何故かわかりませんでした。そして私はそれを、ずっとけむたく思っていました。

今回気がついたのですが、母は、兄と仲良くする母に嫉妬していた私の気持ちを鏡として映し出していたのかなと思いました。

今回の講義を聴いて、期待するのはやめよう、犠牲するのはやめよう、と強く思いました。そして、犠牲しながら与えるのではなく、女性性を活かし、見返りのない奉仕の気持ちで与えられるような女性になろうと、強く思いました。

兄への気持ち・母への気持ちは、昔のことすぎてなかなか思い出せずにいましたが、今回思い出せてよかったです。