8回目レポート

新潟県在住

チャイルドセラピスト講座全8回を終えてみて、
自分の中で確かな変化と、目標が定まりました。

これまでの人生で、いつの間にかずっと抱えていた、自分は大事にされない、
愛されなかった、 子供を怒れない、女性の集団が怖い、
自分の考えは間違っているなどの否定的な気持ちが、講座の後半辺りから、
いつの間にか溶けてなくなっていました。

これまで色々本を読んだり、セミナーに参加しても、
てこでも動かなかった否定的勘違いが、
こちらの講座を通して、自然に勘違いだったんだということに納得し、
ゆっくり腑に落ちていきました。

今では、子供が悪いことをした時には叱れるし、
叱ることで子供が自分は愛されないと勘違いする怖さもほとんどなくなりました。
泣かせて、感情を発散させるのはいいことだし、
そうやって子供に自分の気持ちとの付き合い方を教えてあげたいと思いました。

大人の女性の集団が怖いと感じていたのも、いつの間にか何も感じなくなり、
苦手な人はいることはいますが、自分がどう思われるか気にならなくなり、
自然に楽しく過ごせるようになりました。

あと、自分の考えは間違っているかもしれない、
劣っているかもしれないという不安もなくなり、
自分自身を信じられるようになり、誰かと比べる必要がなくなりました。
今までは誰かと比べて、自分の考えは劣っているという劣等感がありましたが、
今では私はこう思う、あの人はこう考えてなる程すごいなという感じで、
変な劣等感を抱かなくなりました。

主人との関係は、まだまだ喧嘩も多く腹の立つこともありますが、
それはこれから少しずつ向き合っていきたいと思います。
自分の中でまだ自分のことを否定している部分や責めている部分が残っているので、
寄り添って時には叱っていこうと思います。
主人の言葉から、自分の中の何を否定しているのか、
見つめて癒していけたらと思います。

両親との関係は、大事にされなかった愛されなかったという気持ちが、
大事にされている愛されていると何となく感じられるようになり、
両親の態度もそういう風に見えるようになりました。
きっと私が大事にされないと思い込んで接していたので、
全てそのフィルターを通して見ていたので、
両親の愛情に気付けなかったのだと分かりました。
講座を受ける前に頂いていた恨みのようなものがなくなり、関係は良好になりました。

そして、今まではあれをしてくれなかったこれをしてくれなかったと恨んでいただのが、
それはお子様ごころだということを学び、
違う形で愛情をもらえていたということに気付き、
自分が子供時代に温かい家庭で大切に育ててもらったんだなと思えるようになりました。

そして、私もこんな風に子育て中のお母さんや、
子供たちの心をつなげるサポートをしていきたいと強く思いました。
誰もがかけがえのない存在で、生まれてきただけで価値があるのに、
妊娠中からの勘違いで否定的思い込みを持ってしまい、
傷などついてないのに傷ついて苦しい生き方をしてしまう。
そのことが原因で、不幸な事件が起こってしまう。
それを防げるようなにこれから自分は生きていきたいです。

講座の中で学んだとおり、どんなこともパーフェクトで、
トラウマから自分の使命を見つけることができ、
世の中に貢献していきたいです。

また、西谷先生にはどのような形でお世話になるかわかりませんが、
ぜひ今後共よろしくお願い致します。

こちらにセミナー等でいらっしゃる際には、ぜひ参加させて頂きます。
8ヵ月間どうもありがとうございました。