チャイルドセラピスト講座8回目レポート 

1.バーストラウマとは  

・赤ちゃんがお腹にいるとき、出産時、出産後に何らかの否定的な思い込み、勘違いをもつこと。 どんな思い込みを持つかによって、その後の人生にパターンがつくられる。出来事を引き寄せたりする。

2.妊娠中に考えられるバーストラウマ

・お母さんが何らかの事情で1度でもおろそうと思った。 (存在価値の否定を持っている。ピエタセラピー)

・女の子なのに男の子を望んだ (女性性の否定を持っている。女でも価値がある、女にしかできないことがあると伝えていく。)

・お母さんが流産を経験している (お母さんの不安を自分のものと思って受け取っていることがある。遠慮がち。母親の感情と切り離すワーク。自分にしかできないことがあって選んで産まれてきたこと、自分の人生の舵をとっていいと伝える)

・忙しくてお腹の子を感じてあげられなかった。 (嫌われている。自分は必要ないと思いかなり抑圧している。ピエタセラピーで感情を開放していく)

 

3.出産後に考えられるバーストラウマ

・陣痛促進剤をつかった

・帝王切開で産まれた

本人の産まれたい日を無視しているので、自分の意見は尊重されないとおもう。もう少しお腹にいたかったという気持ちがある。

(毛布にくるんで「産まれたい時にうまれてきてね」と言って、顔を出したら「産まれた~あいたかったよぉ」と繰り返す。自分が出たい時に出て、お母さんが受け入れてくれる体験を遊びながら繰り返していく)

・産まれてから数時間でも離れた

もう会えない。自分は嫌われたと思う。存在価値の否定。

(母と子のピエタセラピーで感情を解放させて、勘違いを書き換えていく「あなたが生まれた時に1日だけ離れたの。いつ会えるか不安だったね。でも3日後に会えたんだよ」と)

赤ちゃんの時の自分に会いに行って、赤ちゃんの自分の勘違いを書き換える。

・難産

人生は苦しいものだと思う。 あえて苦しい道を選ぶ。お母さんを苦しめたのは自分のせいだと思う。 ちょっと違うと言われただけで、攻撃的になる。

(自分のせいでお母さんを苦しめたんじゃないんだ。楽な人生を選択していいんだ。と気づいていくことが第1歩)

4.幼稚園、保育園に行きたくない場合

母子分離の体験を思い出していることがある。おかあさんと離れるのがさみしいという気持ちに寄り添う。

「いきたくないんだね~いいんだよ。」「離れるのがさみしいんだね。泣いていいんだよ」と寄り添い泣かせる。

泣かせたあと

「ママとはココとココ(胸のあたり)でつながってるから大丈夫なんだよ。見えないけど繋がってるよ」

「ママは仕事している時も、掃除している時も○○のこと考えてるよ。なにしてるかな~って」と伝える。

登園前に、時間をとる。

わざと怒られることをして、我慢している気持ちを出したい時もあるので叱り、泣かせる。

泣いたあと「すっきりしたね~」「泣いてよかったね~」と感情を出せたことを肯定する。

5.友達をかじる、叩く子の心理は?

存在価値の否定、どうせ自分はダメだと思っている。

「どうせ自分なんて」と思っている。→「あなたにはこんなにいい所がある」など、 いいところや出来ているところに気づくようにサポートする。

6.「ふん、どうせ私なんて」とすねている子にはどうサポートするか。

思うようにいかなかったり、期待していた通りの結果が得られなかった時にすねる。 →「本当は何をきたいしていたの?」「すねないで本当の気持ち話してごらん」                                 「待っていないで自分から言おうね!」「あなたにはこんなに良いところがあるよ」と拗ねを上から暖かく照らすようサポートする。  

 

7.無理難題を言って大人を振り回す子の心理は?

我慢している気持ちを叱られることで開放したい心理。

ピシッと言って、泣かせる。泣いているあいだは泣かせ、そーっとしておく。

泣き止んだら「すっきりしたねー」と次へ進む。

「まてまて~」と追いかけるあそびをしばらくしてみる。

注目が欲しくて甘えていることもあるので

「そういうやりかたは間違っている」ときっぱり伝え、理由を話す。

 

8.友達から外されるいじめを引き寄せる子の根本原因は?

お父さん、お母さんが過去、外された経験があると、子供に投影されて引き寄せることがある。

お父さん、お母さんのインナーチャイルドを癒していく。

その子に問題はなく、自分の中にあることがある。何を思い出したか?→その時の自分に会いに行って、寄り添う、見方でいる。「ここにいていいよ」と自分の胸に丸く居場所をつくる。

子供が自分はダメなんだという思い込みを持っていることがある。

いじめっ子、いじめられっこともに自分を責めるクセがある→「自分がダメだと思ったんだね」寄り添ってゆく。

 

9.男の子、男性、お父さんを嫌う女の子の根本原因は?

女の子がお腹にいるときにいるときに、お母さんが「こんな人(夫)の赤ちゃんいらない」と思ったとき、その思いを受け取る。お父さんが男の子を望んだ                            →「これはママの感情で受け取らなくていいんだよ」と伝える。

 

10.思春期の子がからの入った時に、親として大人としてどう対応したらよいか?

殻に入り込もうとせずに、熟成の時期だと思い、そっと見守る。過干渉になりすぎない。良心の神様に任せる。

なにか心配になったら、トントンとドアをノックして「どうしたのかな~と思って」と話をする、いつも見守っているというサインは送ってゆく。

 

11.勉強のやる気が起きない子に対する、声かけと対応の仕方 

・「時間を分けて気持ちを話し合うワーク」をつかってじっくり話してみる。

・自分の体験を話す。「やりたくない、できないとたくさん自分の気持ち感じると、次に進もうと思うよ。」

・引き出しの片付けをすすめる。

 

12.自分にも当てはまること

6番「すねる」→友達の夫がよく家事を手伝っている、早く帰ってきているという話を聞くと、「どうせ夫はやってくれない」とガチャガチャ茶碗を洗ったり、ため息をついて気づいてもらおうとする。

2番 妊娠中のバーストラウマ→友達が子供に叱ったり、誰かが不機嫌だとすぐ「自分のせいだ」と思う。必要以上に機嫌をとりたくなる。

メールの返事が遅いと怒らせたと思い、自分の送ったメールを見直す。

「自分のせいで」という思いが強い。母子分離のケースからきている。

母親が流産を経験しているので、母親の思いを受け取っている。

7番 無理難題→夫が早く帰ってくるといい、少しでも遅れると不機嫌な態度をとる。

 

13.8回目の感想

具体的な対応の仕方がわかりやすくて、実生活でも生かしていきたいと思いました。

胎内退行では、母の不安な思い、孤独、疎外感が伝わってきました。

そんな中、安産で産んでくれた。この世に送り出してくれたことを思いました。

今まで、たーくさんお母さんのせいにしてきたな~と思います。

どんな時も、自分の精一杯で、私と同じように迷いながら、悩んで育ててくれた。

お腹の中でいろいろ受け取ったかもしれないけどそれも私のミッションの1つで、何一つ人のせいにできることはないという意味が、今は深くわかります。

私は、どんな出来事も自分のものにできると信じてお母さんのお腹にはいって自分にしかできないことを伝えるために産まれてきたんだなぁ。

ほんとーに、深い講座でした!!

 

14.全体の感想

この講座に出会えた時、本当に子育てが苦しくて仕方ない時でした。

こんなに子どもにあたって、この子はおびえている。周りのお母さん、母や妹はどう思っているのかが気になり、家事のやる気が起きなくて、夫にもイライラしていました。

第1回目には

・子供を叱ることができている

・ほかのお母さんが怒っていてもビクビクしない

・息子の心が解放されている、感情を安心して出している

などこうなっていたいと思う姿が書かれていました。

懐かしくて、辛いながらも手探りで精一杯やっていたすがたが見えます。

今もビクビクすることもあるし、うまく叱れない時もありますが、講座を受ける前よりも仕組みがわかっているので楽になりました。 「今こうおもったんだね~」と思えます。

夫のことも別人のように好きになれました。

そして、この講座を受けたいと思った、隠れた理由は、子供に幼稚園に行かないと言われるのがこわかったんです。

・無理やり行かせてしまいそうでかわいそう。

・ほかのお母さんの目が、ちゃんとしつけてないと見られてるようでこわい。

4月から幼稚園に行くにあたっての、大きな試練でした。

本当に、おかげさまで私も息子も乗り越えることができたと思います。

たくさんの人がこのことを知ると平和になりますね。

私も、自分の体験したことは話していきたい。

真美先生ありがとうございました。